SDGs
lalalog

LaLa Corporation

おいしい!の笑顔を未来につなぎ続ける。

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。株式会社楽々はSDGsに賛同して目標を達成すべく行動しています。

株式会社楽々SDGs目標は世界の人口増加・環境問題に備えとし日本のみならず世界へ向けて、食=命のリレーと考え「貧困をなくそう」「飢餓をゼロに」のお手伝いをしようと考えています。


「地球に優しい次世代の循環型農業」を実現しています。

株式会社楽々は新潟大学と共同開発された特許技術(特許第6093945/茸菌を媒介とする循環型農業)を各地の農業生産者様と共に活用し「食と健康をつなぐ継続的な幸福感」を追求しています。

  • ●特許技術マッシュファメンタはクリーンルームやボイラーを必要としない地球に優しい低エネルギーを実現
  • ●原料のコットンハル・ビートパルはリサイクル原料のみを使用しています。
  • ●茸を収穫した後の菌床は有機堆肥としてリサクルされます。